Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

ヨガを始めたきっかけ、気づいたこと

f:id:naocorda:20180818090029j:plain

 

ヨガを始めて3年になりました。

 

テニスが好きだったのですが、左膝を痛めてしまい、走ったり階段を上るときなどに少し痛みを感じるようになりました。身体を動かすことから遠ざかっていたあるとき、

「このまま何も運動しないでいるより、何かやってみよう!」

 

そんなときに出会ったのがヨガ。

最初はヨガについて何も理解しておらず、おしゃれで可愛いヨガウェアや、

マットの上でストレッチしたり、ポーズをきめている、そんな印象でした。

ところがいざ、レッスンを始めてみると、

ヨガとはなんと奥深いのでしょう。

どんなことでも、ただ見ているのとやるのとでは大違いです。

 

ヨガをしているうちに、左膝もよくなっていき、今は全然痛くありません。

血液循環がよくなって、靭帯や腱が鍛え直されたのかも。

筋肉を伸ばしたり、甲状腺や内臓にはたらきかけたりするポーズがあり、

自己治癒力に効くと思います。

 

 

ヨガとスポーツの違いとは。

 

ヨガとはライフスタイル。アーユルヴェーダと深く関係しています。

呼吸やポージングを通して、自分の内面に目を向けることが基本。

他人と競争しない。

ヨガにとってポーズをとることは瞑想の状態を深めるもの。

「先生のように美しくポーズをきめたい。」

「あの人よりうまくなりたい。」

そういう考え方はしません。

 

 

スポーツは、常に相手の存在がある。

基本的に外側に意識が向いています。

点数や技、タイムを競う。

相手や過去の自分と戦い、勝利することによって、

他者から承認される達成感、満足感があります。

 

 

これは、どちらが良いか、というものではなく、

現在の自分がどちらをより快く感じるか、の違いだと思います。

身体や精神が若い年代ほど、人と競うことにやりがいを感じると思うので、

スポーツに、より魅力を感じるかな?

 

 

ヨガをするとき、私は自分自身と向き合い、呼吸に集中しています。

呼吸や心拍数は安定していて、

Now is forever.

今、この瞬間は永遠。

そんな気持ちになりますね。

 

テニスをしているときには感じない、平和で安らかで、穏やかな気持ち。

心拍数を無理に上げて大汗をかくこともないので、後で食べ過ぎることもありません。

自然とエコでシンプルなものに目がいくようになったような気がします。

自己メンテナンス力を高めることに興味が湧くようになり、

精神世界や菜食主義について学ぶきっかけにも。

 

簡単にまとめてしまいましたが、

ヨガの魅力が少しでも伝わるといいなと思います。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

新しい冒険を始めるあなたに、幸運と成功がありますように。

 

nina

 

 

 

 

お気に入りのEtechのヨガマットです。(amazonで購入)

TPE素材でリサイクル可能。燃やしてもダイオキシンが発生しません。

f:id:naocorda:20180818090106j:plain

 

表面には凸凹、裏面には滑り止め付きです。

f:id:naocorda:20180818090128j:plain

 

ストラップがあって、持ち運びしやすいです。

f:id:naocorda:20180818090145j:plain

 

自分の好きなカラーのマットがいいですね。

f:id:naocorda:20180818090206j:plain