Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

宇宙空間でのパラダイムシフト 概観効果(Overview Effect)

f:id:naocorda:20180927190801j:plain

 
 
宇宙飛行士は、宇宙に行って、何を見て、どう感じるのだろう
 
まるで、何もない空間に吊るされているように見える地球。
 
彼らは、その地球を見て、予期せぬ感情反応、知覚、視点を味わうという。
 
いわゆる、パラダイムシフト(Paradigm Shift)、
 
意味は、“時代や社会の中で当然とみなされている価値観、認識、思想等が
 
劇的に変わること” 
 
そして、その宇宙空間で感じたパラダイムシフトによる意識の変革を、
 
『概観効果(Overview Effect)』と呼んでいる。
 
 
 

f:id:naocorda:20180927190831j:plain

 

f:id:naocorda:20180927190920j:plain

 

 

2018年現在までに、宇宙に行った人間は、600人未満。

 
民間宇宙旅行の実現を目指すベンチャー企業も出てきている。
 
今後、一般人が、宇宙旅行できる時代がやって来る。
 
より多くの人間が宇宙へ行って、『概観効果( Overview Effect)』を体験できる時代がきたら、
 
地球にどんな変化があるだろう?
 
環境、政治、人道問題、資源、エネルギー問題はどうなっていくだろうか。
 
宇宙を体験することが、
 
地球というオアシスの美しさ、脆弱性、すべての繋がりに気づくきっかけになり、
 
私たちが暮らす地域の自然、精神的、社会的影響によい方向へ作用したら良いと思う。
 
 
 
 
 
次回、『概観効果(Overview Effect)』を体験した宇宙飛行士たちの名言等を紹介する
 
 

 

概観効果(Overview Effect)ブレイクオフ効果(Break-off effect )についての過去記事はこちらです

 

 

 

 

f:id:naocorda:20180927190942j:plain

写真はすべて、国際宇宙ステーション(ISSから見る地球の姿。(Aug. 27, 2018)