Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

宇宙を体験した人たちの証言

f:id:naocorda:20180929185629j:plain

 

 
宇宙空間でのパラダイムシフト、『概観効果(Overview Effect)』を体験した
7人の証言。
 
 
 
  1. エドガー・ミッチェル
  2. トマス・ジョーンズ  
  3. リチャード・ギャリオット 
  4. ドン・L・リンド   
  5. エドワード・ギブソン 
  6. アニューシャ・アンサリ 
  7. オレグ・マカロフ
 
 
 
 
(アポロ14号乗組員、月を歩いた6番目の人類) 
 
宇宙というものの性質は、
これまで私が教えられてきたようなものではない、という驚くべき認識があった。
私は繋がりを見ただけでなく、それを感じた。
宇宙に拡がっていく身体的、精神的な驚異、知覚に圧倒された。
私はこれが、私の脳の生物学的反応であることに気づいた。
それは私が見た素晴らしい過程を再編成し、その情報に意味を与えようとしていた。
 
彼は晩年、
『コンタクトしてきた地球外生物や未確認飛行物体の情報を、政府やNASAは隠蔽している』
と謎の発言をしている。(これについては、また別に記事にする)
 
 
 
 
2. トマス・ジョーンズ 
(4度宇宙へ行ったパイロット)
 
私の4度のスペースシャトルフライトで、私は常に新しい感覚と知覚の雪崩を感じるため苦労した。
 
 
 
 
 
 
(民間人宇宙旅行者、ゲームクリエイター、父は宇宙飛行士)
 
それはまるで情報という大量の水を消火ホースから飲むみたいな感じだった、
と言って分かってもらえるかな...
概観効果(Overview Effect) について聞いたことはあったけどさ、
これまで私はいろいろな極端な経験をしてきたんだよ。
スカイダイビング、登山、あのタイタニックや南極を訪れたこともある... 
だから私はそれがそこまで大きな影響を自分に与えるとは思っていなかった、それまではね...
私は宇宙空間に入って行った!私の人生は宇宙体験で変わった
 
 
 
 
4.  ドン・L・リンド
(STS-51-Bミッションスペシャリスト)
 
知的には、私は何を期待すべきか知っていた。
私はおそらく他の人々と同じくらい多く、宇宙からの写真を見ていたので、
自分が見たいものを正確に知っていた。
しかし、感情的な衝撃を準備することなどできない... それは、私の目に涙をもたらした。
 
 
 
 
5.  エドワード・ギブソン
(Skylab4サイエンスパイロット)
 
宇宙では、自分の人生や心配ごとが、他のものと比較してどれだけ小さなものかを見ることになる。
その結果、
これまでの人生も楽しかったと、
心に内なる平和(inner peace)をもつことができるようになる。
 
 
 
 

f:id:naocorda:20180929185846j:plain

 写真は国際宇宙ステーション(ISSから見る地球の姿。(Sep. 28, 2018) 
 
 
 
 
 
6. アニューシャ・アンサリ
(女性初の民間人宇宙旅行者、資産家、実業家)
 
実際の経験は、すべての期待を超える、言葉にするのは難しいわ。
何ていうか... 
すべての物事が、管理しやすいと思えるサイズに縮小できる、みたいな感じかしら。
大きくて不可能なものたちに思えるかもしれないけど。
私たちはこれが出来るのに。
地球上の平和は、問題なし、人々にそんなエネルギーを与えるような、
パワーを体験したわ。
 
 
 
 
7. オレグ・マカロフ 
(宇宙で20日を過ごしたパイロット、ソ連のエンジニア) 
 
この予期せぬ光景、地球上で体験したものとの非互換性は、
深い、感情的な反応を誘発する。
突然、これまでに味わったことのないような気持ちになる...
地球に住んでいたときには体験したことのないような感じ。
 
 
 
 
 
 
 
原文はこちらで読めます

https://overviewinstitute.org/

 

 

 

f:id:naocorda:20180929185822j:plain

 写真は国際宇宙ステーション(ISSから見る地球の姿。(Sep. 28, 2018) 

 

 

 

 

地球、宇宙についての過去記事はこちらです