Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

自分の力でコントロールできないことに一喜一憂しない

  f:id:naocorda:20190222103200j:plain

Tomo Ohka #55  &  R.A. Dickey #43   Spring Training

 

今週は MLB Tomo Ohka 特集』 ということで

ファンの私はとても楽しく書いてました!😊

今回の記事でまとめになります

 

現役24年間で14球団に在籍し活躍し続けた 大家友和さん

現在は横浜DeNAで二軍投手コーチをしています

next.rikunabi.com

こちらのリクナビNEXTジャーナルの記事がとてもよかったので

ぜひ読んでみてください😉

 

  

  

f:id:naocorda:20190222104350j:plain

自分を支えるつよい気持ち

 

MLB投手である、

Tomo Ohkaさん大家友和さん)は 

現役時代

勝ち星へのこだわりはあまりなかったそうです!

たとえ完封しても勝ち星というのは

打線の援護がなければつかないものなので

 

ベストなパフォーマンスをするため 

自分の気持ちの安定を保つことを

いちばん大切にして

自分の力でコントロールできないことには

一喜一憂しない習慣 がついていたそうです!

 

生き残り競争の激しいMLBでは

環境変化に耐え自分を支えるつよいメンタル

選手としてとても重要だったのでしょうね

 

f:id:naocorda:20190222103231j:plain

私が思ったこと

 

Tomo Ohkaさんのストーリーや

野球にたいする考え方、私はとても興味があって、

自分らしさや自由な生き方、好きなものにかける情熱とか

大切なこと、私はいつも教えてもらう気がしています

『どうして大家さんは、さまざまな環境で、長い間、

野球をこんなに頑張れたんだろう?』って

私ずっと思っていたんです!

 

自信や自尊心があると

新しいことをやってみたり、チャレンジしたり、

勇気をもって

リスクを取ることが出来るのかもしれませんね

決してうまくいかないと考えないこと、

自分ができることを

前向きに考えることが大切だと思います

 

引退してもおかしくないような年齢になっても、

若い選手の中に混じってチャレンジすることが

大家さんは、楽しくてしかたなかったそうなんです!

ナックルボーラーとしての新しい挑戦もしていました

チャレンジすることが楽しいって、

いいですよね!!

 

野球とかその他のスポーツにおいても、

よく「根性論」ってあるでしょう?

私はね、そういうの全否定するわけではないのですけど

自分には、あまり合わないかなぁと...

「成功するには、勝つためには、つらくても

たくさん頑張って、時間をかけて、かなりの

努力をしてから、手に入れないといけない..」みたいな

そういう思い込み、

観念はいらないと思っています

 

もっとラクに、自然に、手に入れてもいい 

好きなことに

チャレンジできる喜びを感じて、

日々楽しみながら

 

そういう気持ちで取り組んでいると何事も

上達が早いような気がするのです!

 

 

 

 

大家さんの野球人生について書かれている本!

スポーツ界の夢や契約、お金の話

生き残り競争の厳しさ、

マスコミ嫌いの理由(笑)や

アメリカンドリームについても

面白くて感動でした!!

 

 

f:id:naocorda:20190222102144j:plain