Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

リンデンの香り、シューベルト菩提樹

 

最近の私のお気に入り『リンデン』の話。

 

早朝にヨガをするとき、アロマキャンドルを灯します。

フレッシュ リンデンの香りは、森林の爽やかさがあり

癒されるので、気に入っています。

 

f:id:naocorda:20190305091700j:plain


ときどき就寝前にも、

ソファに座ってキャンドルの灯りを眺めています。

その日あったできごとを思い出してみたり、

これからのことを想像したり。

落ち着いて安らげる時間って大切ですよね。

疲れたときは何も考えずに

ただ、ぼーっとするのが好きです。

 

家にねこがいるので

窓を開けたり、じゅうぶんに換気をしながら、

ねことは別の部屋でつかいます。

 

 

Linden リンデンとは 

 

別名 セイヨウボダイジュ

セイヨウシナノキリンデンバウム

 

高さ30mを超える、ヨーロッパの街路樹。

柔らかい木で、空洞は鳥たちにとって営巣に適しています。

木材は楽器や彫刻として利用され、花は蜂蜜になります。

linde はドイツ語の女性名詞、複数形が linden

英語圏では lime tree と呼ばれています。

落葉樹でハート形の葉をしており、

香りのよい淡黄色の小さな花を初夏に咲かせます。

 

f:id:naocorda:20190305215249j:plain

花や葉は、甘い香りのハーブティーになります。

高血圧風邪などの症状や、心身の緊張を和らげるので

不眠にもよいそうです。

発汗利尿作用もあり、身体中の水分の入れ替えにも効果があります。

ミントやカモミールとの相性がよく、ブレンドティーとしても

好まれます。

農薬、化学肥料不使用で栽培されたものを選びましょうね。

 

山田養蜂場のリンデンハーブティー

 

 

趣味でハーブコーディネーター資格取得しました  

  

リンデンにまつわる伝承と歴史、音楽

 

リンデンは古くから地球にいる、知識豊富な木です。

西暦760年には社会的な目的で使用されていました。

中世ヨーロッパでは『自由の象徴』であり、神聖な木。

当時、エルフなど妖精のお気に入りの隠れ家であると

考えられていたそうで、

夜暗くなってからは避けたほうがよいと言われた木でした。

 

リンデンの化石は、北シベリア、スピッツベルゲン島

チュコト半島などで発見されており、

7000万年以上前のものと推定されています。

 

写真はGeorgiaに現存する樹齢1500年のリンデン

f:id:naocorda:20190305203208j:plain

そして、リンデンといえば、この美しい曲が思い出されます。 

 

シューベルトの歌曲『 Winterreise(冬の旅)』の

第5曲 Der Lindenbaum菩提樹

作詞 ヴィルヘルム ミュラー

  

 

Schubert: Winterreise,

Op. 89, D. 911: No. 5. Der Lindenbaum

 

このリンデンバウムの歌は、日本語タイトルが

菩提樹』とつけられちゃったのですが、

正確に言うと、『セイヨウボダイジュ』(シナノキ)です。

 

お釈迦様が悟りを得たとされる、

インドボダイジュ』(クワ科)とは分類が異なりますね。