Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

聖徳太子から天平文化まで簡単にまとめてみる

 

 

皆さんは歴史上の人物で誰がお気に入りですか?

私はたくさんいるのですが、聖徳太子(574-622年)って好き。

すごい人ですよね!

 

 

 

飛鳥時代 聖徳太子の功績

 

叔母の推古天皇の摂政となった聖徳太子。(593年)

 

冠位十二階の制定(603年)で氏姓制度にとらわれず、世襲にならないよう

氏ではなく個人に対して、才能や働きに応じた見方で有能な人材を登用した。

 

十七条の憲法の制定(604年)では

「一に曰く、和をもって貴し(とうとし)となし、争う(さからう)ことなきを

宗とせよ」と言った。

 

その後、法隆寺の建立。(607年)

今では、現存する世界最古の木造建築物

建物や仏像には柱のエンタシスのように、中国やギリシャの影響が見られる。

本尊は釈迦三尊像

 

遣隋使の派遣(607年)で太子は隋に小野妹子を派遣。

対等な関係で隋との国交を結ぼうとした

( → のちに遣唐使となり894年まで、唐の進んだ政治制度や文化を取り入れる

まで派遣された。)

 

 

 

隋と唐

 

隋(589-618年)は南北を結ぶ大運河を造ったり、高句麗遠征をやって

失敗したりしていた。煬帝のときに日本から遣隋使を送った。

 

唐(618-907年)の都の長安は人口百万の大都市で、中央集権国家として

律令などの法律が整えられた。

均田制というのがあり、人々に口分田を与えるかわりに、租、調、庸など

税や兵役を課して国力を高めた。(のちに日本もこの制度を取り入れる)

中央アジアまで勢力を拡大して、西のイスラム帝国と並ぶ

世界の二大勢力だった。

 

 

 

天平文化 

 

平城京に遷都(710年)

唐の長安をまねして造った。中央の朱雀大路すざくおおじ)を中心に

碁盤目状(条里制)の道路。東西には市(いち)も開かれた。

この後の長岡京遷都(784年)までが奈良時代

 

唐の文化と仏教の影響を受けた、国際色豊かな日本の奈良時代の文化を

天平文化という。 

 

鎮護国家の思想から聖武天皇は奈良に東大寺を建立した。(大仏の完成は752年)

正倉院は校倉造(あぜくらづくり)の建築物で、東大寺の宝物(ほうもつ)が

納められている。西アジアやインドから伝わったものも多く、シルクロード

終着点って言われたりする。

 

この頃、神話から推古天皇までを記した「古事記」とか

朝廷が地方に命じて作らせた、特産物や地名の由来を記した「風土記」や 

日本最古の勅撰の歴史書の「日本書紀

天皇から農民や防人の歌まで、有名な大伴家持柿本人麻呂などの歌も

約4500首を集めた「万葉集」などがある。 

  

鑑真 という高僧は、中国、唐の揚州江陽県の出身。

奈良時代に日本からの招きに応えて5回も渡航の失敗したり、失明したり

しながらも、日本に正式な仏教の戒律を伝えた。

(754年太宰府に到着)

戒律以外に彫刻や薬草の知識も伝えたり、貧民救済などにも取り組んだとされる。

鑑真平城京に開いたのが 唐招提寺

日本で帰化僧となり、唐招提寺で逝去。享年76歳。(763年)

 

 

 

 

第2話 煬帝怒る 国書編

第2話 煬帝怒る 国書編

  • 発売日: 2016/09/14
  • メディア: Prime Video
 
もういちど読む 山川日本史

もういちど読む 山川日本史

  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: Kindle