Magenta Pink の小鳥

First Impressions of Earth

時間と恋について

  

夕方、太陽が西の空にゆっくりと死んでいくのを見ているとき

少し寂しく、でも私はとても神聖な気持ちになる。

私の命が終わる日も必ず来るのですね。

それがいつかは、全然分からないけど。

時間は人を待ってはくれないから。

私はもっと優しく心穏やかに、素直になりたいな。

家族、友達、好きな人との時間を大切にしたい。

一日、一日を大切に生きよう。

 

「憎悪」という感情は、痛くて悲しい。

特定の国籍や民族、人種などに対するヘイトは

人としての尊厳を傷つける。

敵視して侮辱し、言葉の暴力によって相手に苦しみを与える

そんなつもりなのだろうけど....

本当は自分の尊厳を傷つけている。

大切な時間も奪われている。

 

 

ニュー・アース

ニュー・アース

 

 

 

  

この前、中国の諺を教えてもらった。

 

"有缘千里来相会,  无缘对面不相逢"

縁があれば千里離れていたとしても二人は会う、縁がなければ

近くにいて向かい合ってもすれ違うだけ。

  

縁結びの神さまは、縁のある人々の足首に赤い紐を結んでおく。

この紐で結びつけられている二人は、どんなに離れていても

お互いを見つけることができるという。中国のすてきな神話。

 

人間の力ではない「天の巡り合わせ」というのがあるかもしれない。

好きな人と会えたことは奇跡、しあわせ。