Magenta Pink の小鳥

Nature walk and Relaxation

想像するって楽しいな

 

f:id:naocorda:20181117175436j:plain

ケイトウヒユ科一年草

 


まだ11月ですが

この季節になると

 
クリスマスまで毎日
聖歌や
大好きなクリスマスソングで
気分を盛り上げてます
 
家の中も
母がリースを作って
壁に飾りました
 
 
 
 
大好きな クリスマスソングたち
Jewel
Joy: A Holiday Collection より 
 
 
楽しいことを
心待ちにしていたり、
いろいろ想像している時間が
実は、
いちばん楽しかったりしますよね?
 
 
今まで
苦手なことはなるべく
やらないようにしてきたのです
 
だから私には
進歩というものがないのかな~と。
 
でも
この命は
いつかかならず
終わりを迎えるってことが
いつも頭の隅っこにあると
 
なんか私は、
あともうちょっとは
がんばれる気がしてくる
 
 
からだは
一旦役目を終えるんだけれども
しなない、
本当の意味では。
 
 
もとは
一つの大きな生命が
この地上で
たくさんの
容器にに分かれて
入っているみたいな
 
出来るだけ
たくさんの経験を
得るために
 
だから ある意味、
私はあなただし、
 
キミは
あの子だよ~!!
 
それで
あの人は私でもある、という
 

  

f:id:naocorda:20181117185849j:plain

うちのねこ、オセロット

 
 
ほんとうに
自分たちは、
生命ってどこからきたんでしょうね...?
 
パンスペルミア説(galactic panspermia)
という一つの仮説があって
 
pan-  全て
spermia  生命の種
 
宇宙全体に
生命というのは存在している、
という意味。
例えば
他の天体で発生した微生物の芽胞が
宇宙に散らばって
隕石とかに付着して
やがて地球にも到達して
という....
 
実際に
地球に飛来した隕石等からは
有機物(動植物のからだを構成する物質)
が発見されたりしてる。
 
宇宙空間には、
もういろいろな物質が飛んでて、
大気圏を通り抜けて
この地上にも
毎日毎分毎秒たえず降りてきてて。
 

f:id:naocorda:20181117175510j:plain

アゲハチョウ
 

 
他にも、
分子(化学)進化説とか
とにかく、いろんな仮説がありすぎるんだ
人類って この世界の
驚くほどわずかなことしか知らないのですね。
 
 
 
だから想像するのは自由だよ~
 
私は、広い宇宙を漂って
地球にたどり着いたという
パンスペルミア仮説が好きだな~
 
もしもこれから太陽系のどこかで
地球外生命体が発見されるとしたら、
まず、それはウィルスや微生物になるのではないかと。
ん?
「彼ら」=ウィルスや微生物....?
 
今後、
Astrovirology
日本語にすると
宇宙ウィルス学という
新しい学問がすすんでいけば、
いろいろなことが
解明されるかもしれません。
 
太陽系以前に、
地球のような惑星が
多数存在していて、
そこに生命がいた可能性もありますよね!!
なんか想像すると楽しいな。
ちょっと怖いけど?
 
 

f:id:naocorda:20181117175549j:plain

 
 
写真はすべて、2018年10月 Nikon coolpix B700で撮影
 
 
  
 
 

機密指定文書だったアポロ通話記録、そして「彼ら」とは?

 
こんにちは。 
今週は
宇宙や地球について、
 
未知のものにたいする
ワクワクを
気ままに、
とても楽しく
書いております!
 
 
 

f:id:naocorda:20181109172856j:plain

 
「彼ら」は太古の昔から、
地球を訪れている

 

私はそれを知り得る立場にあった
政府は60年以上も隠してきた
しかし、その情報は漏れつつある

  

「彼ら」は地球を観察していて、
ときどき地上に飛来してきている
  
 
 
宇宙飛行士
エドガーミッチェル(1930-2016)
 

f:id:naocorda:20181108193315j:plain

 
 
その「彼ら」というのは
いったい誰なのでしょう?
 
かってに解釈、推察してみたいとおもいます!!
 
 
 
 
 
宇宙飛行士は
選抜試験によって選ばれた、
体力、視覚共に優れた方たち。
 
ミッション中の言葉は
正確にできるだけ短く、
物事を表現するように
レーニングをうけている。
 
よって、
ミッション中に
なにかを
見間違えたり
言い間違えることは、
それほどないとおもわれる。
 
アポロは月へ行く途中で
たくさんのユーエフォーらしきものを目撃してる。
でも
これを逐一報告すると、メインがユーエフォー探しに
なっちゃうので
これ以上やめとこうか
という会話があったらしい。
 
 
ユーエフォーというのは
 
Unidentified Flying Object
の略でU.F.O.
 
 
日本語では
「未確認 飛行 物体」
と訳される。
  
 

f:id:naocorda:20181109194009p:plain

 
巷では
地球外から来る飛行物体ではないか
といわれている。
 

 

f:id:naocorda:20181109194019j:plain

 
私がこれまでに
見聞きした情報によると、
一般的なユーエフォーというのは
子機。
 
その母船は
波動がとても高いので
ヒトの肉眼では
捉えられない。
ユーエフォーが見える状態のとき
というのは
振動数が下がって
その機体ごと物質化しているとき。
または、
振動数がそれよりも
ちょっとだけ上がっていて
光体(可視光線
となった状態のとき。
 
振動数が
ある一定の状態まで上がると、
もう肉眼では見えず、
機体は超高速で移動している。
 
 

f:id:naocorda:20181108193243j:plain

 

f:id:naocorda:20181108193224j:plain

 

f:id:naocorda:20181109194238j:plain

 
 
 
 
なぜか機密指定文書だった
 
アポロ通話記録 
 

 

 
アポロミッションでは
月の写真は自由に公開されていたのに
 
なぜか通話記録は
ずーと機密指定になっていた。
 
2016年に
とつぜん指定解除された
なかには、
気になるものが多い。
 
たとえばこれ。
アポロ14号の
エドガーミッチェル博士
宇宙飛行士たちは
月で構造物のようなもの?を発見している。
 
 

f:id:naocorda:20181109174207p:plain

ピンク色のらくがきは、怖さをやわらげるために描いてます。

 

CONFIDENTIAL   機密指定

 
● しるしをつけたところに注目してください。
 
 
「本当に興味深い物体だ....
ん?
あれはまるで...
中央が頂上のようになってて
右側は入り組んだ構造になっているように見える」
 
「 ...... 」
 
「たしかにそう、
ほんとうに
複雑な中央建造物がある」
 
「この周囲でも、
もっとも大きな頂上となっている。
それはまさに、
ふつうのクレーターではないね。
その中に暗くなっている場所がある、
記録のなかで
ファルーク(NASAの地質学者)が
堤防だといってたものかな」
 
このあと、
採掘場があるとかいう話もしてました。
 
 
月面に都市があった跡なのかな?
「彼ら」によるものなのでしょうか....? 
 
 

f:id:naocorda:20181108193257j:plain

月探査衛星かぐや から見た地球の美しさ
 
 
 

 

「彼ら」は、

ふつうのヒトの

肉眼や脳では

捉えられない存在の

何か 

 

エネルギー体

 

かもしれないですね?

 

 

 

 

 

f:id:naocorda:20181109173618j:plain

暗闇で、人間を観察するいきもの

 

f:id:naocorda:20181109173642j:plain

かわいい、いきものだにゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アポロミッションの真実とテストパイロットの話

 

f:id:naocorda:20181106221708j:plain

 
 
『アポロミッションの途中で、私は何度もUFOを見た』
 
 
宇宙飛行士
エドガーミッチェル
Edgar Mitchell
 
 
 
 
 

f:id:naocorda:20181106221801j:plain

 

f:id:naocorda:20181106221839j:plain

 

f:id:naocorda:20181106192310j:plain

アポロ15号が月面に残してきた、
これまでに命を落とした宇宙飛行士たちのリストと人形のモニュメント
 
宇宙開発に命を捧げた人たちがいた時代
 

 

 

私はアポロは月へ行ったとおもっています

それは、本当にすごいことだった!!

 

でも、そんなのは当時のソ連や他の国々は

面白くないから

アポロは月に行ってないのじゃない? なんて....

 

 

 

 

f:id:naocorda:20181106191846j:plain

アポロ15号 月面から帰還の際に宇宙船内部から見た月

 

f:id:naocorda:20181106191930j:plain

 アポロ15号 月面から帰還の際に宇宙船内部から見た月

 

f:id:naocorda:20181106191909j:plainアポロミッション17号の写真、月面探査

 

f:id:naocorda:20181106192645j:plain

向こうに地球が見える

 

もし帰れなかったら、とおもうと

こわいですね.....!!

 

 

アポロミッションは

地球の美しさを、

全世界の人々に伝えるきっかけにも

繋がりました

 

アポロ17号の乗組員が

地球から4.5万kmの距離から撮影した

有名な 地球のブルーマーブルの写真は、

当時の人々を驚かせました

その結果、

環境問題や世界平和への関心が広がりました

 

 

f:id:naocorda:20181106192707j:plain

海上に着水

 

時速4万km近くで大気圏に突入した月司令船の

大気との摩擦熱は2800度

突入角度が5.3°より浅い状態だと、

大気に跳ね返されて

二度と軌道には戻れなくなる

 

 

 
 
 

f:id:naocorda:20181106230717j:plain

フシギ系

宇宙飛行士の
エドガーミッチェル博士
 
アポロ14号で
月着陸船パイロットをつとめました
 
月のフラ・マウロ高原に着陸
船長のシェパードさんと
月面でゴルフ、槍投げもしました
 
記録を読むと、
2度の船外活動で約3kmを歩き、
43kgの月の岩石を収集
月面にとどまっていた時間は
33時間31分
 

f:id:naocorda:20181106222323j:plain

月の岩石を見ているエドガーさんたち

 

f:id:naocorda:20181106222337j:plain

左がエドガーさん、
右は船長のアランシェパードさん
 
 
 
エドガーさんは 
宇宙飛行士になる前は
海軍のテストパイロットでした
 
宇宙飛行士は、テストパイロット出身の方が多いですよね!
2015年にソユーズからISSへ行った日本人の宇宙飛行士、
油井亀美也さんも防衛大出身、元空自のテストパイロットです
 
テストパイロットは
操縦技術の巧さはもちろん、
航空機の設計やマニュアルまで完全に熟知している
パイロットのなかのエリート
 
体力、メンタルの強さ、
想定外の状況においても、
臨機応変に対応できる能力が必要とされます
 
少しでも航空機におかしなところがあれば、
すぐに気づき、感じ取れる
 
テスト結果を文書にして正確に伝える能力、
 
スリルや興奮を求めるだけでは成り立ちません
 
 

f:id:naocorda:20181106223003j:plain

Ufologist (未確認飛行物体研究家)であり、
超常現象や超能力、
霊的現象へのつよい関心
 
変人扱いされても なお、
ぶっ飛んだ発言をし続けて
皆をびっくりさせ、
楽しませてくれました
 
2016年に85歳でこの地上を去った、
かっこよくて
おもしろい
最高の宇宙飛行士
 
 
 
 
 
『彼ら』は地球を観察していて、
ときどき地上に飛来してきている
  
次回は、
エドガーさんのいう、
 
『彼ら』の核心に迫りますね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

元宇宙飛行士、エドガーミッチェル博士の思い出

 

こんにちは。
今週は秋の夜長に
地球や宇宙のフシギについて
書きたいとおもいます!
 
 
 
フシギといえば、やっぱりこの方ですよ!!
 

f:id:naocorda:20181104225417j:plain

 

エドガーミッチェル博士

Dr. Edgar Mitchell
 
 
1930年テキサス生まれ。
海軍の元テストパイロット。
MITで航空宇宙学の博士号取得後、1966年にNASAに。
1970年アポロ14号の乗組員となり
月面を歩いた
人類史上6番目のムーンウォーカーとして有名な、
元宇宙飛行士。
  
2016年に85歳でこの世を去りました。
 

 

 
 
今でも残されたインタビュー記事などを読むと
意味深な発言というか
不思議すぎる話が多くて、
なんというか、
変わってて。
気になりますね。
 
人が聞いたら
荒唐無稽に聞こえるような話も結構あるとおもいます。
超常現象について語ったり支援したり。
Ufologist でもある。
そのせいで
科学界からの嘲笑もあったらしい。
 

 


f:id:naocorda:20181104225428j:plain


 
 
アポロは月に行っているとして。
 
宇宙空間に飛んで
他の天体から地球を見たことがある人が、
この地上で何を恐れるでしょう?
そんな命懸けでものすごい経験をした、
十分すぎるほど勇敢な
元宇宙飛行士、エドガーさん!
 
 
 
 

f:id:naocorda:20181105005725p:plain

 

f:id:naocorda:20181105005835j:plain

 
 
フシギな言葉の裏に
何が隠されているのか、
私はいつもわくわくしています!
コード化された暴露だったりして....(?)
人とは違うものの見方を
もっているのかもしれない。
 
 

f:id:naocorda:20181104225439j:plain

 
 
エドガーさんが感じた、
「宇宙の深い意識」って
どんなものだったのでしょうね。
 
 
宇宙飛行士たち全員が感じた、
人間の知能レベルでは理解不能
宇宙の中の
偉大で、直感的な、
インテリジェンスのようなものがあるというのです。
 
 
 
 
そして
 
神について語るときには
うつくしくて、
いつも感動してしまいます。
 
 
 
 
私たちが神と呼ぶものは宇宙の心で、
 
擬人化しようとするならば、
 
物理的な現実として経験するのは、宇宙のからだ。
 
そして、宇宙の背後にある創造力は、
 
私たち自身の中で経験する創造力と同じ。
 
 
 
 
私たちは宇宙で孤独な存在ではない、
 
“彼ら”は太古の昔から 地球を訪れているのだから。
 

 

 
 
 
 
宇宙空間で
Overview Effect による
パラダイムシフトを体験したと
証言しています。
(詳しくは、このブログの宇宙に関する過去記事を見てくださいね)
  
 
彼ら、とはいったい....?
やっぱり
「地球外生命体」
なんでしょーか....!
 
 
私が個人的におもう、
彼ら
っていうのは....
 
この続きは
また後ほど!
 
 
 
 
それと、
きになる発言として。
 
 
私はNASA勤務中に
 
地球外生物の情報に触れることがあった、
 
政府やNASAは隠蔽している。
 

 

 

と、いうのもありました!
こんなふうに
エドガーさんの発言は
もうぶっ飛んでて
とても一度では語りきれないので、
これからも折に触れてご紹介させてくださいね。
 
 
 

f:id:naocorda:20181104172438j:plain

 

f:id:naocorda:20181104172523j:plain

写真 一番右がエドガーミッチェル博士
 
 
 
フシギな話に 
冷笑する大人がたくさんいた中で。
自らの宇宙でのさとり、
すべての繋がり についての深い信念、
宇宙飛行士としての体験や
超常現象など。
たくさんの人に話してくれました。
 
夜空を見上げてみて、
夢を追って、宇宙に行くことができるよって。
 
UFOとか宇宙人とか
エドガーさんは地上での最後のときまで
そんなことを語っていました。
 
 
 
 

  

f:id:naocorda:20181104172252j:plain

 
写真は2018年8月22日、筆者の Nikon coolpixB700 で撮影した月。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

Smartnews 掲載、一日のアクセス18,000PV以上いってた話

 

今回は、ブログについての話です!

 

自然観察や地球と宇宙についての記事は近々アップしますね。

 

 

いわゆる「スマニュー砲」というもの が来たときのこと

 

書こうかどうか迷ったのですが

 

じぶんの記念、思い出として、ちょっと書いておこうとおもいました。

 

 

 

 

スマニュー砲とは

 

スマートフォン用のアプリである、

smartnews.com に掲載されてバズる現象(buzzる)

(一時的にPVが伸びる)

 

スマートニュースからのお客さまによって、 

数日、アクセスが通常より多くなること

 

buzz  英語の意味は 蜂などが賑やかに飛び回り群がる様子、人がざわめく様子

 

 

 

 

f:id:naocorda:20181031195839p:plain

スマニューからのアクセスが多すぎて、割合がこんな感じでした

 

 

 

 

 

私がそれに気づいたのは、真夜中で。

 

もうねようっと~ 

 

お気に入りのブログ、更新あるかな?

 

コメントとかきてるかな~? 

 

たのしみ~

 

ちょっとだけ見てみよう。

 

 

 

そんな感じで、いろいろ見てました。

 

 

 

 

なんか眠くなってきちゃたし、

 

もうねよう....

 

 

 

 

自分のブログ、

 

今日のアクセスは....

 

え....?

 

 

なにこれ....

 

 

 

 

 

す、スマニューきてたの....?

 

 

 

 

うそでしょ全然知らなかった!!

 

 

 

 

 

smartnews.com さま

 

すごいなやっぱり

 

いきなり来るのですね。

 

 

 

ちなみにこの記事でした。

 

 

こんなにたくさんの方に見ていただいたのは

おそらく初めてですね。

私のブログについての、ほんとうに いい思い出になりました!

(いつかくる日の、冥界へのおみやげにします!)

 

 

 

 

 

スマニュー砲というのは

 

3回目なのですが

 

今回が今まででいちばんバズってました。

 

 

 

 

ブログをスタートして、もうすぐ3か月。

 

なんだかゆったりと 緊張感もなく、

 

マイペースに

 

気楽に書いてたから、

 

 

 

 

油断してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも来るんだったら

 

 

 

 

もっとちゃんとまじめに

 

ブロガーっぽく

 

かっこよく書いてればよかった....

 

すごくはずかしいよぅ..... //////////

 

まあ、

 

このブログでは、もうこんなこと

 

二度とないと思うのですけど。 

 

 

 

 

 

ブロガーの皆さま、お気をつけください 

 

 

いつか知り合いに見られても

 

スマニューに掲載されても

 

ぜんぜん大丈夫!なブログにしましょう

 

 

 

 

 

 

そして、私もブログはじめてみようかな~と

 

思う方、増えたらいいとおもっています!

 

とても楽しいですよ。 

 

 

f:id:naocorda:20181031191858p:plain

 

  

 

とにかく今回

 

ねこパワーというのは

 

半端ないということがわかった

  

世の中どうなってるんでしょう

 

ねこ好きすぎる....(笑)

 

 

 

それでも、

 

自分の思い入れのあるブログ、

 

いろんな方に見ていただけたというのは

 

とても嬉しいものですね。

 

 

 

 

 

 

それでは

 

あらためて。

 

 

読者の皆さま、

 

それから、

 

はじめまして!の方も、

 

本当にありがとうございます。

 

 

こんなブログですが

 

また気が向いたら、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

 

 

 

 

f:id:naocorda:20181031192308p:plain

 

もうアクセスはだいぶ

 

おちついてきました。

 

この落差です!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねこは寒いと こうなる

  

けふもまた、

 

さあ マロと けまり、

 

蹴鞠をしてたも~

 

ねこのオセロットどの

 

 

f:id:naocorda:20181027205435j:plain

 

 

f:id:naocorda:20181027205542j:plain

 

  

ほほほ

 

やんごとなき宮中でドーナツのまねでおじゃるか?

いとをかし

  

 

f:id:naocorda:20181027154401j:plain


 

わらわに構うでない

ゆるりと寝かせてたも~

 

 

f:id:naocorda:20181027154549j:plain

 

  

ミヤビで まったり blog

いつかマロはめざしたい

でおじゃるよ

 

 

f:id:naocorda:20181027205647j:plain

 

 

それなら早く更新しなされ

公家風ことばがうざいにゃ

 

 

 

f:id:naocorda:20181029211849j:plain

 

 

まだ記事はできてないでおじゃる

 

マロは陰陽師になりたい

かっこよくて好きなのでおじゃりまする 

 

 

好きなアニメもっとみたい

ゲームもしてみたい

時間もお金も足りない

 

 

f:id:naocorda:20181029125401j:plain

 

 

 

 

読んでくださる読者さまがこの世界に一人でも

いる限り

マロは

書くでおじゃる

写真も撮ってくるよ

読者さまへの愛があるでおじゃるよ

オフフ 

 

 

 

 

最近、マロはMacbook proを買ってうかれていた。

勉強もしないといけない。

 

 

もっと地球 宇宙 自然観察についての記事を

書くから、

次こそは!

よろしく。

 

 

f:id:naocorda:20181029211952j:plain

 

 

f:id:naocorda:20181027210141j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Apple Taxの価値はある? Macbook pro 15-inch, 2018 の感想

 

f:id:naocorda:20181024001841j:plain

 

先日購入した、Macbook pro 15インチ, 2018
Touch Bar
Touch ID
2.2 GHz 6コアプロセッサ
256GBストレージ

 

 

f:id:naocorda:20181024002152j:plain


13インチと15インチのモデルがあり、
作業のしやすさを考えて、
私は、15インチにしました。
頻繁に持ち運ぶなら、13インチもいいと思います。

 

高さ 1.55cm
幅 34.93cm
奥行 24.07cm
重さ 1.83kg

 

 

f:id:naocorda:20181024002208j:plain

 

f:id:naocorda:20181024002226j:plain

 

色は、シルバーとスペースグレイがありました。
私は、明るめの色が好きなので、シルバーを選択。

 

 

f:id:naocorda:20181024001917j:plain

 

同梱物は
Macbook pro 15インチ
87W USB-C 電源アダプタ
USB-C 充電ケーブル

 

 

f:id:naocorda:20181024002011j:plain

 

f:id:naocorda:20181024001951j:plain

 

 

ディスプレイを持ち上げると、自動的に起動。


その後、設定アシスタントに従って、

いくつかの簡単な設定を完了させるだけで、

使い始めることができます。

 

 

f:id:naocorda:20181024002032j:plain

 

 

 


それでは、よい点 ざんねんに思った点 を、あげてみます!

 

 

 

 

よい点は....


Touch ID センサーが組み込まれたTouch Bar!
このTouch Bar 慣れてくるとひじょうに便利。
Touch ID は指紋リーダーでロックを解除したり、アプリのインストールを
許可したりできる。
他にも、App storeiBooksiTunes 、多くのWebサイトでApple Payを使って買い物できる。

 

サウンドシステムがすばらしい!
キーボードに隣接している2つのスピーカー、
低音がここちよく、laptopとは思えない音のよさ。

 

大きくて使いやすいタッチパッド
まさにForce Touch!!なのです。
内蔵されている感圧機能が、ライトクリックとディープ・プレスの違いを認識する。


速い・軽い・薄い・かっこいい!
CPUが第8世代のCoffee Lakeにアップグレードされたらしい。
コア数も15-inchモデルが4コアから6コアに、
処理能力もかなりアップしたらしい。
余計なことを考えず、ほんとうにシンプルに作業に集中できる。
Siriもいてくれるので、いつも自分の声だけでいろんなタスクを実行できる。
キーボードがだいぶ静かになったので、どんな場所でも気兼ねなく使える。

 

バッテリーがいい!
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧可能。
最大30日のスタンバイ時間が可能。

 

Retinaディスプレイの美しさ!
True Toneという機能があり、周りの光の色温度に合わせてホワイトバランスを自動調整する。
これによって、スクリーンが自然できれいに見える。

 

 

 

 

ざんねんに思った点は....

 

スリムな本体に貢献しているとはいえ、コネクタがUSB Type-Cポートのみ。
(Thunderbolt3)

でも将来的にこれに統一されていくと思うので、しかたないですね!

 

 

 

 

というわけで、もうほとんど よい点 しか見つけられない、

大満足のMacbook pro 15インチ, 2018 なのでした!

Apple Taxの価値はある!!』

 


自分としては、こつこつ節約したりと貯金をがんばって買っちゃいました!

自分に必要なものを知ること。

毎日の暮らしの中で、何を作り出すかは自分次第ですね。

貯金額よりも、

いざというときに大切なのは、どんなことがあっても

自分はつよい気持ちをもってやっていくのだ、という自信!

なのかな....

そんなことをおもいながら、思い切って購入しました。

  

 

f:id:naocorda:20181024002256j:plain

 

Macbook pro は私の宝物。

宝物は、きっと自分の「お守り」になります!!

 

何かをクリエイトする喜びは一生のもの。

 

自由に、おもしろく生きよう!